建築や住宅に関わる様々なサービスを通じて、県民の皆様の安全安心な住生活を支えていきます。

  • 県民の皆様のニーズに対応したサービスの提供により地域の活性化に貢献します。
  • 三セクとしての社会的役割を認識し、社会から信頼される組織を目指します。
  • 独自性を発揮できる個性あるセンターへの転換を目指します。

センター概要

名称

一般財団法人秋田県建築住宅センター

目的

建築住宅に関する相談業務、知識の啓蒙、公営住宅等の管理を行い、建築物の安全性の確保、技術の普及、施工水準の向上を図り、もって県民生活の福祉の増進に寄与することを目的とする。

設立年月日

1973年5月16日

沿革

昭和48年 5月 財団法人秋田県建築住宅相談事務所を設立(秋田市中通一丁目・児童会館内)
昭和51年 4月 県営住宅維持管理業務の受託開始、事務所を旧産業会館に移転
昭和52年 6月 名称を「建築住宅センター」に変更
昭和53年 6月 特殊建築物調査・検査定期報告業務開始
昭和57年 9月 住宅性能保証制度受託((財)住宅保証機構)
平成元年 11月 事務所をアトリオンに移転
平成12年 10月 国土交通大臣の認可を受け、住宅性能評価業務を開始
平成18年 4月 県営住宅等管理業務の指定管理者に選定(第1期、第2期、第3期)
平成19年 6月 建築基準法による「指定構造計算適合性判定機関」として秋田県知事の指定を受ける
平成25年 4月 「一般財団法人秋田県建築住宅センター」に名称変更
平成26年 9月 秋田県知事の指定を受け、4号建築物を対象に確認検査業務を開始
平成27年 10月 確認検査対象建築物を3階以下500㎡以下の建築物に拡大
平成28年 4月 秋田市営住宅管理業務の指定管理者に選定(H28~H32)
平成29年 4月 国土交通大臣の登録を受け、建築物エネルギー消費性能適合性判定業務を開始
平成29年 4月 確認検査対象建築物を2,000㎡以下の建築物に拡大
平成30年 4月 BELS評価業務を開始
平成31年 4月 Cポイントカードサービスを開始

事業

  • 住宅相談、住宅に関する知識の普及及び建築物等に係る情報提供
  • 建築住宅の関連する各種の講習会の実施
  • 指定管理者制度による公営住宅等の入退去事務、維持管理及び家賃収納
  • 住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく住宅性能評価等
  • 建築基準法に基づく建築物の確認検査に関する業務
  • 建築基準法に基づく特定建築物の構造計算適合性判定
  • フラット35適合証明に関する住宅の検査等
  • 住宅瑕疵担保履行法に基づく保険業務(まもりすまい保険)
  • 建築基準法に基づく定期報告に関する案内、受付
  • 建築物エネルギー性能適合性判定
  • 建築物省エネルギー性能評価業務(BELS)
  • 公益団体建築物の維持修繕発注支援業務
  • 上記に付帯関連する業務

業務時間

午前9時から午後5時45分まで(土・日、祝祭日を除く)
(住宅相談の受付は、午前9時30分から午後5時までとなります。)

所在地

〒010-0001 秋田市中通二丁目3番8号 秋田アトリオンビル5階

情報公開